オーバーリアクションをする心理が持つ意味について

その他の行為

オーバーリアクションの心理については、あまりにも大げさだと引いてしまう時もありますよね。ではオーバーリアクションをする心理には、どのようなものがあるのでしょうか。今回はその意味について見ていきますね。

 




目立ちたい

自分を目出たせたい思いがあるので、オーバーリアクションをするという心理があります。目立つことが好きな人や、普段はおとなしいけれど頑張ろうとする人も、オーバーリアクションをするでしょう。

 

目立ちたい性格

もとから目立ちたいタイプの人は、ここぞとばかりにオーバーリアクションをして目立とうとします。

自分を目立たせるためには、どうしたらいいのだろうと普段から考えているので、今がちょうどいいと思った時には、オーバーリアクションをするのでしょう。

目立つことが小さな頃から好きなタイプの場合は、本当は淋しがりの性格かもしれません。目立たなければ注目してもらえなかった幼少期があるため、目立つために普段から色々悩んできた人もいます。

こう考えると、目立ちたい性格だから性格が悪いとは言いきれないことになるでしょう。

 

注目されるのが嬉しい

普段は人から注目される場面がほとんどなく、なんとなく自分はどうでもいい存在なのでは…と自信が持てない人も。

でもオーバーリアクションをすれば、目立つので注目をされるようになります。この時に、注目されるので嬉しいと思う気持ちもあるでしょう。

注目されていると思うと、これからもこのようにオーバーリアクションをしてみようと自分で決めることも。

一度でも注目をされると、自分の中でこれならいける!と思うため、今後もずっとオーバーリアクションを続けるようになるでしょう。

 

目立つ人がうらやましい

普段から目立っている人を見ていると、うらやましくて仕方がない…と思うタイプもいます。自分は全然目立たないのに、どうしてのあの人はあんなに目立つの?と思い、できれば自分も…と考えているのでしょう。

目立つ人がうらやましいと思っている自分が、ちょうど目立つチャンスがきたと思うので、嬉しくなるのです。

目立つ人がうらやましいので、できるだけ自分にチャンスが来るように願っていた人もいるでしょう。

このため、こういう機会が来るとオーバーリアクションをしてしまうのです。

 




話を聞いているアピールをしたい

相手に対して、話をちゃんと聞いているとアピールをしたい気持ちも。ちゃんと聞いているとわかってもらうために、わざとオーバーリアクションをする心理があるのです。

 

好きな相手だから

相手に対して恋愛感情があると、相手の話を聞き逃したくない思いがあります。このためどうしても、オーバーリアクションになってしまう場合もあるでしょう。

ちゃんと話を聞いているというアピールにもなるので、必要以上にリアクションが大きいのです。

でも一緒に話していて、あまりにもリアクションが大きいと相手としては困ってしまう時もありますよね。

それでも仕方がなく話を続けるかもしれません。でも相手は更にリアクションが大きくなっていくのです。

こういう時には「ごめんね。もう少し小さな声で…」と伝えたほうが良いでしょう。好きな人に好かれたい思いが強すぎるので、自分で自分をコントロールできない人もいるのです。

 

職場の上司や先輩に対して

職場の上司や先輩からは好かれることで、仕事がしやすいと考える人もいます。このため、同期や後輩と話す時には、普通に話を聞くけれど上司や先輩に対しては、全然聞く態度が違うような場合も。

これは自分なりに、良い人間関係を良くしたい思いがあるからです。ここでちゃんと聞いておかないと、これから先に仕事がしづらくなる…と思うので、無理にでもオーバーリアクションをするのでしょう。

職場の上司や先輩から見ると、面白いと思いこれからも良い関係を築いていけると思うかもしれません。

 

友達に好かれたい

友達に好かれたいと思う場合も、友達の話に対してオーバーリアクションをするのです。友達から話していて、楽しいと思われたい気持ちがあるのでしょう。

普段から友達に気を使っているからこそ、リアクションにも配慮をしているのです。適藤なやりとりができない、真面目なタイプの場合も。

でも相手から見ると、性格が真面目だと気づかれない可能性もあるでしょう。心の中と表面での行動がかなり違うので、理解をしてもらいにくいのです。

これに対して理解を示してくれる相手がいたら、嬉しくて感動をしてしまう人もいるかもしれません。

 




感情表現が豊かなタイプ

普段から表情や感情表現が豊かな人もいます。こういう人はリアクションだけではなくて、表情もコロコロ変わるので、見ていて飽きない魅力もあるでしょう。

 

自分の思いを表現するのが得意

心の中で思っているけれど、これが表現できない人もいますよね。でも逆に、自分の思いを表現するのが得手な人もいるのです。

自分の思いを表現したいと思っていても、それができない人から見ると、表現ができる人がうらやましいと思う場合もありますよね。

でもポーカーフェイスをしたくてもできないという、困った面もあるのです。感情が顔や態度に出過ぎるのも良い面ばかりではないと言えるでしょう。

 

ジェスチャーをよくする

特にこちらが求めていなくても、ジェスチャーをすぐにしてくる人も。まるで芸人のように思い、周りから見て楽しい人と思われるケースもあるでしょう。

リアクションだけではなくて、他のジェスチャーについても上手で、人のものまねなども得意な人がいますよね。

一緒にいると、相手を笑顔にさせることができるのですが、静かなデートがしたいと思う人から見ると、ちょっとうるさいな…と思われてしまうでしょう。

 




まとめ

オーバーリアクションをする心理には、性格的なものからわざとしているものまで様々です。

でもこちらから見て許せる範囲なのか、困ると考えるのかにより相手に伝えたほうが良いケースもあるでしょう。

自分ではどうしたらいいのかわからず悩む人もいますので、フォローをしてあげる必要もあるかもしれません。上手にフォローができたことで、仲良しになれる可能性もあるでしょう。




誰かに相談したい人へ

人に相談できないような悩みがあると、日常生活が苦しくなりますよね。

「友人や親に相談しても、きっと責められるだけ。。。」そんな悩みを持っている人もいます。

そんなときは一人で悩んでも解決しないし、気持ちも楽にならない。ぜひ相談のプロと相談してみてください

「もっと早く相談すればよかった」という感想が多かったオススメのサービスをご紹介します。

ココナラ電話占い

気軽に相談したい人はココナラ電話占いがオススメ

今なら30分無料で相談できるので「電話占いは使ったことない。実際どうなの?」という人は、ぜひ利用してください。

いろいろな占いや相談ができる人がいるので、興味がある人を探すとよいですよ。例えばご紹介する2名の方は、かなり人気が高くオススメですよ。

【YESorNOで鑑定します】rinkoさん


【訳アリな恋、不倫、複雑な恋愛のお悩み】アンジェリカさん

cotree ビデオ/電話相談

カウンセリングで有名なcotree。

カウンセラーは厳正な審査をクリアした悩み相談のプロのみが在籍しています。
事前診断で自分にあったカウンセラーを紹介してくれるので、選ぶのに困ることもありません。

1回45分で下記の値段なので占い相談よりも安いですね。
本当に悩むんでいるなら、まずはプロへ1回相談してみるべきです。

その他の行為
リサをフォローする
WomanChange

コメント