瞬きが多い時の心理にはどんなものがある?

目や視線に関わる心理

瞬きが多い時の心理には、どのようなものがあるのか気になるところ。自分でも気が付くと、瞬きが増えている時がありますよね。今回は瞬きが多い時の心理について、深く見ていきましょう。

 




緊張している

ちゃんと話さなければと思うと、緊張して瞬きが多くなる時があります。相手に対して緊張感を持つ場合には、無意識に瞬きが増えてしまうのでしょう。

 

落ち着こうとしている

落ち着きたいと思うため、自分なりに落ち着ける方法を考えているのです。でもこれが見つからずに、瞬きをしてなんとか落ち着こうとする人も。

もしくは、自分にとってこれが一番落ち着くと最初から思っているので、瞬きを多くする人もいるのです。

人により、これをすれば落ち着くというものは違いますよね。これが瞬きを多くするという場合もあるでしょう。

 

自分を良く見せたい

自分をもっと良く見せたい、こう思うので緊張感が強くなることもあるのです。ありのままの自分でいようと思っても、これができない時もありますよね。

それは、相手に対してライバル心があり緊張をしているからなのです。この人の前では、どうしても緊張をしてしまう…。これは特別に相手を意識しているからでしょう。

どうでもいい相手に対しては、このようには思わないものです。この人には負けたくない、もっと自分を魅力あるように見せたいと思うので、緊張が強くなり瞬きが多くなるのです。

自分で「もしかして瞬きが増えている?」と分かると、セーブしようとするのですが、自分では全然気が付かないケースもあるでしょう。

 

大切なことを伝えたい

相手に対して、これを絶対に伝えたいと思うと、プレッシャーから緊張が強くなります。でも相手に理解してほしい思いがあるので、なんとかして伝えたい思いも。

ところが、ちゃんと言わなければと思えば思うほど緊張をしてしまうのです。実際に会う前から「今日はこれを伝えよう」と決めてきている人もいますよね。

この場合には、事前にリハーサルをして当日に備えているもの。この努力を考えると、絶対に今、伝える必要があると考えるのです。

今度の機会でもいいと思えるのならもっと楽なのですが、今日でなければと思っているので、この分緊張が増えて結果として、瞬きの数も増えてしまうのでしょう。

 




嘘をついている

嘘をついている時に、何らかのサインが出てしまう人は多いです。嘘をついていることや、その内容を隠したい思いが強いので、気持ちが落ち着かないのでしょう。

 

後ろめたいことがある

相手には伝えられないような後ろめたい出来事や内容があると、できるだけ隠したくて努力をします。

これをもし知られたら相手との関係性が悪くなる…と思うと、絶対に隠し通すようにするでしょう。

でももし努力をしても、なんとなく行動が怪しいと思われるケースもありますよね。後ろめたい内容があるからこそ、饒舌になってしまう人もいるのです。

普段よりもよく話している…と感じた時には、何か後ろめたい思いがあるケースが多いでしょう。

こういう時に、相手の目を見ると瞬きが多い時が多いのです。自分を演じようと努力をするのですが、瞬きが多くなるのを隠すことはできないのでしょう。

 

ミスをバレたくない

自分が仕事でミスをしたのを、バレずに隠したいと思う時にも、瞬きが多くなる心理がはたらくことがあります。

ミスをしたかどうか問い詰められた時に、なんとかしてごまかそうとする人も。でもどうしても逃れられないような時もありますよね。

こういう時に、相手の目を見ると瞬きが増えているのです。なんとかしてバレないように…と思い過ぎるので、自分の中でなんとかしなければ…と考え過ぎるのでしょう。

考える時に、つい瞬きが増えてしまう人は多いです。なんとかしなければと焦るほど、瞬きが多くなるケースもあるでしょう。

 




驚いている

まさかこのような出来事が起こるなんて!と思うような場面で、瞬きが多くなる心理がはたらく場合があります。自分でも信じられないので、落ち着かせたい思いがあるのでしょう。

 

じっと見ていられない

驚きすぎて、じっと見ていられないような時にも必要以上に瞬きが増えるケースがあります。

直視できる余裕がないので、瞬きが多くなるのです。驚く時には嬉しい場合もあれば、違う時もありますよね。

信じられない…と思うような内容や、幸せに続くものならいいのですが、幸せではない方に向かう時もあるのです。

こういう時も、できるだけそれを直視しようとしても、結果として出来ずに瞬きが増えてしまうのです。

 

高揚を隠せない

驚きが強い時には、高揚をしてしまいますよね。高揚をしてはいけない、冷静でいなければと思ってもできないのです。

普段ならクールなタイプのはずなのに、これができないような場面も。驚きすぎて高揚をしてしまう自分をセーブしたい、でもこれができない時に瞬きが増えるのです。

自分では、落ち着かせたいという思いがとても強いので、このために瞬きをしているのが分からない、つまりは無意識にしていることは多いでしょう。

驚いて目を見開く人もいれば、瞬きを何度もしてしまう人もいるのです。心理が理由となり、様々なサインが出ることは多いですよね。

 

自信が持てない

自分が選ばれるわけがないと思っていたのに、選ばれるような場面も。こういう時に、やっぱり私だったのねと思える人もいれば、なぜ私が?信じられない…と思う人もいるのです。

信じられないのは、自分に自信を持っていないから。嬉しい気持ちよりも、驚いて信じられない思いの方が強いのでしょう。

でも今回選ばれた事実のおかげで、これから先は自分に自信を持てるようになるケースもあるのです。

ふとしたきっかけで、自信を持てる場合もあるのでしょう。もしもそういう機会があったのなら、自分にとって出来るだけプラスに変えていきたいですね。

 




まとめ

瞬き多い時の心理は、何らかの思いが瞬きとして出ているケースが多いです。視線にサインが出る時も多いですよね。

これと同じように、瞬きにも思いや気持ちがサインとして出ているのです。普段よりも瞬きが多いと、相手と話していて思った時にはフォローをしてあげるようにしましょう。

フォローをすることができれば、相手との関係性が良好になる可能性もあるのです。




誰かに相談したい人へ

人に相談できないような悩みがあると、日常生活が苦しくなりますよね。

「友人や親に相談しても、きっと責められるだけ。。。」そんな悩みを持っている人もいます。

そんなときは一人で悩んでも解決しないし、気持ちも楽にならない。ぜひ相談のプロと相談してみてください

「もっと早く相談すればよかった」という感想が多かったオススメのサービスをご紹介します。

ココナラ電話占い

気軽に相談したい人はココナラ電話占いがオススメ

今なら30分無料で相談できるので「電話占いは使ったことない。実際どうなの?」という人は、ぜひ利用してください。

いろいろな占いや相談ができる人がいるので、興味がある人を探すとよいですよ。例えばご紹介する2名の方は、かなり人気が高くオススメですよ。

【YESorNOで鑑定します】rinkoさん


【訳アリな恋、不倫、複雑な恋愛のお悩み】アンジェリカさん

cotree ビデオ/電話相談

カウンセリングで有名なcotree。

カウンセラーは厳正な審査をクリアした悩み相談のプロのみが在籍しています。
事前診断で自分にあったカウンセラーを紹介してくれるので、選ぶのに困ることもありません。

1回45分で下記の値段なので占い相談よりも安いですね。
本当に悩むんでいるなら、まずはプロへ1回相談してみるべきです。

目や視線に関わる心理
リサをフォローする
WomanChange

コメント